成約率を上げる出会い系アフィリの記事の書き方は?どういう意図で記事を書くのか?

成約率が高い出会い系サイトの記事の書き方は決まっています。

出会い系サイトのアフィリエイトで成約率が高い記事を書くのは、アフィリエイトの記事の書き方、 Web の情報発信の記事の書き方が出来ている事が大前提になります。

私のオリジナルのライティングのノウハウを特典としてつけているキャッチザライティング(catch the Writing)などで、アフィリエイトの基本的な記事の書き方を学んだ方が、今後アフィリエイトで稼ぎやすくなると思います。

私の特典では、シリウスのランキングサイトをつけていますが、2020年の12月現在、シリウスではなく、ワードプレス1つだけでも問題はないです。

2016年のワードプレスがあまり広まっていない(広まってはいたが、テーマ的にキャッシュポイントメインなモノがなかった)状態のとき、シリウスのランキングサイトに誘導した方が成約率が高かったので、私は今でもそのやり方をしています。

しかし、私が使っている Diver やその他のワードプレスのテーマは、今はキャッシュポイントにつなげやすい作りになってきます。

シリウスを持っていない方は、あえてシリウスを購入する必要はないです。

私の出会い系サイトノウハウのやり方、コンセプトとしては

  1. キーワードで訪問者を集客する
  2. その訪問者に納得してもらえるようなコンテンツを用意しておく
  3. ランキング(シリウスの様な外部、或いは WP(ワードプレス)で個別記事)へ導線を貼っておく

この3ステップとなるので、本質的な部分は全く変わりません。

私がいつも行っている成約率の高い出会い系サイト体験談の記事の書き方をいくつか紹介したいと思います。

アフィリエイトはポジショントークありき

例えば、あなたがナンパが得意であれば、出会い系サイトよりもナンパの方が女性とエッチしやすいと思うのかもしれません。

しかし、アフィリエイトという側面から考える、あなた出会い系アフィリエイトでアフィリエイト報酬を得たいと思っているとします。

そうなると、すごく重要な考えなのですが、ナンパを悪く言って、出会い系サイトを褒める、これをポジショントークといいます。

逆に言えば、あなたが出会い系サイト体験談の中でナンパ教材を売りたい場合、出会い系サイトはブスばっかりだけど、出会い系サイトは会うまでは分からないけど、ナンパの場合は気に入った女性に声をかけるので効率が良い、みたいな感じでポジショントークを行います。

このように、様々なパターンを応用する上で、ポジショントークという考え方は非常に重要になるので覚えておいてください。

ポジショントークなどを考えず、馬鹿正直に自分が経験したことばかりコンテンツを書いていけば、それは報酬と遠のいた記事を書いていくと言っても良いかもしれません。

それに対して罪悪感をあなたが感じるのであれば、アフィリエイトを仕事として考えていないかもしれません。

例えば、高級下着屋さんの店員さんは、仮に安い下着を履いていても、お客様には高い下着をススメることもあるかもしれません。

自分がそこで働き、その高級下着が売れることで自分にお給料がもらえる。

そのような本質的な部分が分かっていれば「このお店の下着は高いから、ユニクロとかしまむらで買ったほうがいいですよ!」とは言わないはずです。

「安い下着は確かにその時はいいかもしれませんが、当店の下着をしばらく履けば、値段がなぜ高いか本当に納得する位の差があると思いますよ!」と言うはずです。

ですから、例え出会い系サイトで出会っていないとしても、ナンパの方で女性とセックスができたとしても、あなたが出会い系サイトアフィリエイトで、出会い系サイト登録によって報酬が発生するのであれば、出会い系サイトを褒めるのがビジネスとしては成立しています。

この部分はモラルとか、性格に依存すると思いますので、ここに対して嫌悪感を持たれている方もいらっしゃるかもしれません。

しかし私はポジショントークはアフィリエイトをビジネスとして考えるときに絶対に必要だと思っています。

出会いやセックスに対してネガティブに思っている男性のトリガーを引くためのライティングのテンプレート

様々なライティングの基礎を理解し、出会い系サイトアフィリエイトで狙っていくターゲットを決定した後、実際にそのターゲットのトリガーを引く、つまり「俺も出会い系サイトを使ってみよう!」と思わせる様な記事の誘導をしていきます。

まず一番初めに紹介するのは、出会いやセックスに対してネガティブに思っている男性。このお客様たちにたいしての記事の書き方。

これは、出会い系サイトアフィリエイトをしているのが男性であると仮定して話していますが、女性が女性に対してコンテンツを書くときも同じ考え方です。

ちなみに、女性のコンサルを受けていただいている方もいらっしゃるのですが、その方たちには言ってますが「女性→男性」のターゲット選択は基本的に止めておくべきです。

なぜなら、男性の気持ちが女性には分からないので。

女性が出会い系アフィリを行うときは、女性→女性となるべき。女性しか思わないよな悩み「安全性」などを中心に記事を書いていきます。

このテンプレートも、男性の悩みとして考えるのではなく、女性の悩みでも良いです。

例えば、女性であれば「セックスに奥手である」「フェラチオが苦手である」「自分がブスなので」「ナンパとかされてみたいけど自信がない」みたいな悩み。

この様な女性に対して「出会い系サイトの男性たちが優しくてセックスが上手ですよ」みたいなアプローチをするのです。

女性の方は、男性の部分を女性に置き換え、その悩みとかその本質の部分を応用力をもって考えてください。

この様な悩みの場合、あなた自身が悩みを解決した、もしくは出会い系サイトでその悩みを解決できた、特定の○○で解決できたなどが理想的ですが、もしそれじゃない場合もこのテンプレートに当てはめることは可能です。

1番初めに話しましたが、ポジショントークの部分を忘れないようにしてください。

テンプレートの考え方として、まずは共感から入ります。共感から入り、相手に同意してその解決策を提示していくみたいな流れです。

流れ
  1. イントロデュース
  2. ターゲットにしている人たちの悩みを自分も分かるという形で書いていく
  3. そしていろいろと試したり実験してみたりしたけど通常だったら失敗してしまった
  4. その失敗した理由、うまくいかなかった理由を自分なりに分析してみる
  5. 出会い系サイト(あなたがキャッシュポイントとして考えているもの)がかなり良い
  6. 出会い系サイトが良い理由、失敗したものと違う理由
  7. 出会い系サイトとは何なのか?を軽く説明(ランキングページに誘導したり、クッションページへ誘導したり)
  8. 出会い系サイトの疑問点とか、ターゲットが悩んでいそうな事を先回りして Q&A で答える(別ページへリンクでも良い)
  9. 出会い系サイトのまとめ、ランキングページへの誘導

この様な感じになります。

このターゲットは、ネガティブキーワードなどを打ち込んでいたり、そのネガティブな事を解決してくれそうなキーワードを落ち込みます。

  • 話ベタ 彼女ができない
  • 出会い系サイト 見た目が悪くても 大丈夫
  • ナンパ 苦手 出会い系サイト

このあたりは悩みに対して共感する事ができると成約率が高くなります。

悩みは、カラダの悩みとかももちろんですが、出会い系サイトで出会いないとか、出会い系サイトはブスばかりとか、出会い系サイトはおじさんばかりとか、そういった部分も悩みとしてあります。

この様なネガティブなキーワードは、出会い系アフィリエイトに限らず、通常のアフィリエイトでも非常に考え方によってはおいしいキーワードになります。

体にコンプレックスがあるとか、出会い系サイトで会えないとか、モテないから自信がない、モテないから出会い系サイトは厳しいんじゃないか…とか、ネガディブキーワードはこのような感じでテンプレートに当てはめて書くと非常に書きやすいです。

田舎から都会に出たとき、同じ地元の出身の人間と話が合う、海外に言ったとき、日本人だとなぜか嬉しいみたいな感じで、「性癖」「女性(男性)の好み」「地域性」「願望のプレー」「性に対するコンプレックス」自体は共感を呼びやすいです。

その共感を得た状態で、失敗談を「自分も気持ちがわかります」みたいな感じで書いてあげる。

この様なケースでは、出会い系サイトの成約をする以外にも、その悩みを解決するための情報商材とか、或いは出会い系サイト以外のツイッターの商材とかも非常に売れやすくなります。

私自身は、どちらかというと新しい出会い系サイトのアプリはおすすめしていないです。

やはり PCMAX(PCマックス)、ハッピーメール、ワクワクメールなどがメインになります。

無料は実際に出会い系サイトでは良いことが全くないですので、比較的有名な無料で出会えると謳っている様な出会い系サイトをガッツリと非難して、優良出会い系サイトへと誘導すると良いかなと思います。

>>【オリジナル】出会い系で30万円稼ぐ弱者の戦略|テンプレ、記事、サポート付き

記事の末尾には必ずランキングサイトへの誘導、もしくはキャッシュポイント記事への誘導

体験談にしても、経験談にしても、悩みの誘導の記事にしても、記事の末尾には必ずランキングサイトとか、ランキングページ、その他クッションページ等のリンクを忘れないようにしましょう。

体験談を最後まで読んだ読者の型に、一番最初のバナーまで戻らせたりすることのないようにしましょう。

人間は面倒くさいことが嫌いです。あなたにとってみたら、毎日記事を書いて何度も観ていることかもしれませんが、お客様は初めてあなたの記事に訪問しているかもしれません。

お客様が不安に思っていること、出会い系サイトで悩んでいそうな事、あなたが出会い系サイトを始めたときに、どんな不安があったか?どんな悩みがあったか?などが分かっていれば、どのような記事を書いていれば成約してくれるのか?等はおぼろげながらわかってくると思います。

「この出会い系サイトでかわいい女性とセックスができました!→こちら」

この様な末尾ばかりではなく、自分自身で考えながら「この記事のターゲットにはこの記事の誘導が効果的かもしれない」等を意識していきましょう。

1つの記事の中に、様々な情報をまとめてあげることで、そのキーワードで検索として流入してきたお客様が安心して登録できる。そのような仕組みづくりをするのが理想的になります。

>>【オリジナル】出会い系で30万円稼ぐ弱者の戦略|テンプレ、記事、サポート付き

おすすめの記事