恋愛記事の書き方|パクりながら稼ぎ、成長して覚えていく

こんにちは竹野です。

Q:恋愛アフィリエイトに取り組みたいですが、どの様に記事を書いて良いのかわかりません。具体的にどのような練習をすればよいでしょうか?

このような質問をいただきましたのでお答えしていきたいと思います。私も、稼ぐ前は「売るための記事」等は思いもつきませんでしたし、もちろん書くこともできませんでした。私に特別な素質があったわけではなく、誰でも練習すれば書けるようになるのですが、練習をできていないだけですので、コツを書いていきたいと思います。

売るための記事は、当たり前ですが、売るための記事を書くことから始まります。Googleアドセンスの記事や、トレンドアフィリエイトの記事を幾ら数を書いても、売るための記事を練習しなければ全く身につきません。

大前提|1番初めはTTP(徹底的にパクる)が必要

『「優れた芸術家は真似をし、偉大な芸術家は盗む」とピカソは言った。だからすごいと思ってきたさまざまなアイデアをいつも盗んできた。』byスティーブ・ジョブズ

パクるというと意味合いが違う気がしますが、私は一番最初の参入ジャンルについては、TTP(徹底的にパクる)を徹底しています。

アンリミテッドアフィリエイトNEOや、『恋愛アフィリエイト作成講座-恋愛アフィリシークレット』等、メインノウハウとなるモノについては、まず、ノウハウに書かれていることを徹底的に自分自身で腑に落としていきます。

ですので、自分の体の中に、それぞれの成功パターンが染み込んでくる、腑に落ちる、このようなイメージになります。恋愛記事も全く同じような感じだと思っています。

私は、恋愛アフィリエイトを勧めている理由は、アフィリエイトで稼ぐ為に必要な明確な要素があり、なおかつ、恋愛アフィリエイト独自の「稼げる」要素があるからです。

アフィリで稼ぐ為に必要な3つの原理
  1. want to(~したい、なぜなら◯◯だから)のモノを選択する・・徹マン、ゲーム、趣味の為に早起き、遠距離デート等、したい事はモチベーションの概念なく没頭出来る。
  2. 好きなもの、興味のあるもの、経験したことがあるものを選択する【例】出会い系サイトを心から楽しんでいる人、本当にセックステクニックを向上したいと思っている人には勝てない。稼ぐために恋愛ジャンルをやっている人は『have to|○○なので、××をする必要がある』なので続かない。
  3. さらに、そのジャンルが「アフィリエイトで稼げる」ものであること。【例】アリの生態、世界の標札など、売れないモノを選択しない。
【恋愛ジャンル】をオススメする理由
  • 「アフィリで稼ぐ3つの原理」を満たしている【例】倫理観があり、出会い系、不特定との関係が嫌でも、異性(同性)にモテたい、性欲の開放は万人にあるので、自分にあった「恋愛ジャンル」が絶対にある。
  • とにかく売れる・・情報商材も含め、モテる(恋愛系)は売れます。ある「性の悩みを解決するサプリ」は月間で数千個売れる様な世界です。通常のサプリ、ジャンルと規模感が違います。
  • 性癖で差別化、個性が出るし、訪問者も性癖は隠しているので仲間意識が高い【例】都会で地元の人間、海外で日本人と会うと、普段は仲良くならない様な人とでも仲良くなる。
  • 性癖は理性が効かないので、日常で抑えている・・ロリコン、上靴を盗むなど、社会的地位が高い人でも、性癖は理性が制御出来ません。だから犯罪をしたくない人はネットで解決策を探しています。
  • リソースは自分の体験談や性癖なので、他のジャンルの様に差別化の為の勉強をする必要がない・・アフィリをしっかりと学んでいる事が基本。戦略がないと稼げません。
  • 3大欲求は制御できない。つまり、訪問者は知能指数が下がって動物的な感覚(無意識レベル)なので、成約率が上がる【例】彼女が生理だと理不尽だけどムカつく。セックスの邪魔、オナニーの邪魔をされると怒る、犯罪だと分かっていて未成年と関係を持つ、上履きを盗むなど。

このような部分があるにもかかわらず、恋愛アフィリエイトで結果が出ていない方は、あなた自身が楽しんでなく、恋愛系アフィリエイトの強みをよく理解していないのではないでしょうか?あなた自身の強みを出していけばいくほど、差別化もできますし、不安もつきますし、売れやすくなります。

上記の大前提のように、やはり「心の底から楽しんでいる人と、お金の為にイヤイヤやっている人」では、全くゴールが変わってきます。

ですので、上質な検索上位の記事をシッカリと参考にしながらも、あなたの「性癖」「女性(男性)の好み」「地域性」「願望のプレー」「性に対するコンプレックス」なども取り入れていかなければいけません。

自分自身のキャラクターを明確にする

あなた自身のキャラクターが明確になればなるほど、恋愛ジャンルは稼げるようになります。

例えば、大都会で地元の知り合いと出会ったり、海外で日本人と出会ったりしたとき「リアルでは絶対に仲良くならない」ような人たちとも何かしら話したりする経験はありませんか?

恋愛ジャンルもまさしくこのようになります。

  • 彼氏に振られた女性の人は、同じ境遇の女性の人を
  • 巨乳が好きな男性は、巨乳が好きな性癖の男性の人
  • 特定のフェチの人は同じような人を

それぞれ探し求めています。

理由としては簡単で、性癖の場合、どうしても止めることができないにもかかわらず、人には言えないからです。

ですから、海外で日本人を見つけたときのように、「やっと私と同じ環境の人がいる」「自分と同じ性癖の男がいたんだ!」みたいになります。

ダメだとわかっていても理性で止めることが出来ないのが性癖。パンティー泥棒や、未成年の女性と、地位を失うかもしれないのにセックスをしてしまう等、通常では理解できないことをやってしまうのが「性癖」なのです。

通常の人間は、実際にやると犯罪とわかっているので、1人でコッソリとGoogleで検索しているのです。

副業アフィリエイター竹野
信じられないかもしれませんが、恋愛ジャンルはセックスに近ければ近い、マニアであればあるほど、様々な恋愛相談なども貰います。

同じ性癖の人間に惹かれるのだなと私はつくづく感じています。安心感とか、やっと自分と同じ感覚の人間がいたみたいな感じなのでしょう。

話がそれたかもしれませんが、パクりながらも、恋愛系で重要な要素はしっかりと意識しながら取り組む必要があります。

性癖に関して言えば、特徴があればあるほど「自分らさ」が出る

上にも述べましたが、あなた自身の「性癖」「女性(男性)の好み」「地域性」「願望のプレー」「性に対するコンプレックス」は、かなりの親近感を持ちますし、それ自身がサイトの強みになります。

Googleに売れる記事を意識するのももちろん必要ですが、恋愛ジャンルで絶対に外してはいけないところは、あなた自身がしっかりと自分らしさを出すということです。

通常のアフィリエイトと比べ、あなたは自分自身の「性癖」「女性(男性)の好み」「地域性」「願望のプレー」「性に対するコンプレックス」や体験談を打ち出せば良いだけですので簡単だと思いませんか?

セックスに近い部分でないにしても、例えば女性の方であれば、彼氏に浮気された、旦那に浮気された、胸が小さい、足が太い、フェラチオをうまくなりたい…等々、様々なあなた自身のキャラクターが出るのではないでしょうか?

恋愛アフィリエイトに取り組むのであれば、このような部分を意識すれば良いと思います。

経験が稼がせてくれるわけではなく、戦略が「経験」の優位性を作る

例えば、意識高い系、キラキラ系の女性であったとしても、実際のところ、頭の中でエロいことを考えているかもしれません(笑)

Twitterでかっこいいことを言っている男性にしても、実際には不倫をしたり、変なことをしているかもしれません。

このような経験等は全てお金になります。私自身は、独身ですので、出会い系サイトをモラル関係なく使っていますが、人妻やある程度の地位がある人、アフィリエイトで稼ぎたいけど…みたいに躊躇している人もいると思います。

アフィリエイトで稼ぐのであれば、別にキャラクターさえ決まっていれば、匿名でも、恋愛系のサイトを作ることをおすすめします。

副業アフィリエイター竹野
恋愛系アフィリエイトをシッカリと行っていけば、クリック型のアドセンス広告など、安すぎてする気にもなりません

イケ○ヤ系のTwitter界隈では、好きなことをして暮らす、アドセンスで毎月〇〇万円みたいな感じが流行っていますが、正直言えば、こんなに効率が悪いことを副業でするべきではないと思っています。

「性癖」「女性(男性)の好み」「地域性」「願望のプレー」「性に対するコンプレックス」は、どんなに高貴な方でも、普段は隠して当たり前なのですから、あなた自身の経験や裏の顔、人には話せないような性にまつわることをお金にするのは全然ありと私は思います。

「膣土方(ちつどかた)」と言うキーワードが数年前流行りました。

その女性が、現実どのような顔をしているのか?とか、実は公務員なのか?とか、そんなことはどうでも良いのです。

単純に、「膣土方(ちつどかた)」の需要があった。その需要があったからこそ、みんなが支持した。シンプルにそれだけです。

そのためには、しっかりとした戦略が必要になります。出会い系サイト体験談で言えば、導線を意識する必要がありますし、出会い系サイト体験談のコンテンツでも、薄毛サプリやダイエット器具やサプリなども売ることは可能です。

あなたが女性であれは、恋愛悩み相談に乗りながらでも、チャットレディの案件を勧めることも可能です。

つまり、それぞれ経験があっても、シッカリと導線を作っていないと、ザルと同じで、集めたアクセスは全く意味がなくなるのです。

シッカリと勉強をして、なおかつ楽しむ。

アフィリエイトで恋愛系に参入している方は、シッカリと勉強はしているけど、一度も出会い系サイトを使っていない…みたいなケースがありますが、実際に出会い系サイトを使っている私たちとくらべ、良い記事を書ける確率は下がるのです。

出会い系サイトが嫌いだけど、稼ぐと聞いたから参入した、結婚して女遊びはしないけど、セックスのテクニックを売れるのでコンテンツを書いている。ライティングスキルは自信がある。

このような人たちもいると思いますが、私の様に楽しみながら、くなおかつマーケティング戦略を取り入れている人間には勝てないと思います。

やはり楽しむことが重要になります。

商材を使い、ノウハウをしっかりとトレースしていく

恋愛ジャンルは非常に稼ぎやすいジャンルですが、セックスが好きだから、恋愛経験豊富だから、出会い系サイトが好きだからだけで稼げるような甘い世界ではありません。

私が、恋愛ジャンルに参入して、出会い系サイト体験談などでも稼ぐようになれたのは、しっかりとした元のノウハウがあったからです。

上記を見ていただけるとわかりますが、私自身は、サイトアフィリエイトでかなりの数を作ってきていますし、ライティングなどに関しても自信があります。

ですので、まずはしっかりとノウハウを実践する必要があります。アドセンスで「掃除に使える○○」「Apple Watchの裏技」とかの記事を書いている方が、そのノウハウをもとにいきなり参入しても稼げるようになるわけではありません。

恋愛ジャンルの稼ぎ方は決まっています。

私のオリジナルのノウハウもノートで販売していますが、基本ができていない方は、しっかりとしたメインノウハウを購入することをおすすめします。

私の特典でオリジナルノウハウもついていますので、効率よく資産を積み上げていくことが可能になります。

ツールを使う|時間効率

副業でアフィリエイトをする場合、やはり時間効率を考えなければいけません。

私が、竹野のサイトを作りながら、なおかつ他の恋愛系のジャンルを作りつつも、出会い系サイト体験談の記事も書いたり、実際に出会い系サイト楽しんだりしているのは、シッカリと戦略を立てて、効率よくやっているからです。

私はMSR(メイン・サイト・リライター)を使っています。MSR(メイン・サイト・リライター)を使うことで、外注以上のクオリティーで、外注よりも安く記事を量産することができます。全てのアフィリエイターに勧めたいくらいです。

実際に出会い系サイトを使ったり、様々な女性とセックスをしたりするのは必要な時間だと思います。

あなた自身が楽しみ、「性癖」「女性(男性)の好み」「地域性」「願望のプレー」「性に対するコンプレックス」などを打ち出していくほうが皆の共感を得るからです。

しかし、リアリティーを求めすぎて、毎月1記事しか体験談記事が書けない…では、Googleの評価はいつまでも上がらない状態になります。

MSR(メイン・サイト・リライター)を使えば、稼げながら効率よく、出会い系サイトの反応の良い記事をトレースすることができます。更新出来る記事の数も圧倒的に増えるため、ファンを作りながら、Googleの評価も高めることが出来ます。

MSR(メイン・サイト・リライター)の使い方とか、MSR(メイン・サイト・リライター)のレビューについては下記をご覧ください。

恋愛系の記事の書き方まとめ

実は、恋愛の場合、三大欲求に近いため、セックスに近ければ近いほど感情論で売ることも可能になります。

性癖は理性が通常は抑えているため、常識人であれば、日常生活で露呈することはありません。常に隠しています。

その要求を今はネットで解消することが出来ます。日々の濃い性癖はネットで解消するのが通常の成人男性、成人女性です。

主婦でもセックスがしたいですし、妻を愛していても、別の女性とセックスがしたい。こんなこと、リアルな生活で友人に言えばヒンシュクものです。だからネットで解消します。

それが出会い系サイトかもしれませんし、妄想記事で想像を膨らますだけかもしれませんし、裏ビデオかもしれません。

いずれにしても、1人で欲求を解消出来るのが今の世の中です。ですから売れて当然です

とは言え、アフィリエイトの流れを全く知らないで、ただ単純に「頭の中エロいことしか考えていない」みたいな知能指数が低い、本当に猿のような考え方では稼ぐことができないのも現状です。

恋愛系ジャンルが稼げる理由は、「性的欲求を満たすために知能指数を下げている」事も影響しますが、私たち仕掛ける側がそのような「知能指数が下がった状態」では意味がありません。

シッカリと戦略を立て、まずはそれに応じた記事の書き方を覚える。

あなた自身がwant to(~したい、なぜなら◯◯だから)であれば、それに対して興味が出るはずですし、体験談であれば、なおさら心の叫び声も出るはずです。

ちゃんとしたノウハウがあり、戦略を立てて取り組む方こそ、あなたの「性癖」「女性(男性)の好み」「地域性」「願望のプレー」「性に対するコンプレックス」が活きます。その部分を忘れないでください。

おすすめの記事