【男女別】出会い系アフィリで成約しやすいキーワードや注意点

男女別で出会い系サイトで稼ぐキーワードは全く違います。今回はそのあたりについて書いていきたいと思います。

まず、詳しく説明する前に、ザックリといえば「男性はエロ」「女性は安全性・お金」になるかなと思います。

どちらかというと、男性の性欲ですが子孫繁栄の為のオス要素が強いため、とにかく射精したい、性欲を解消したいみたいなストレート的な欲求なので、思いっきり知能指数が下がっています。

ですので基本的に「安全性よりも欲求(射精)が解消出来るかどうか?」のほうが切羽詰っている時には重要になってきます。

男性も女性も、エロを主体とするコンテンツを書いていくことで、差別化出来て信頼関係を得ることが出来ます。

もちろん、 MSR(メイン・サイト・リライター)などを使うことで、ライバルの作った体験談を自分の性癖に書き換えることは簡単です。

自分自身で体験したこと、コタツ記事、バランスよくコンテンツを積み上げなければいけません。

綺麗事だけではなく、仕事として出会い系アフィリエイトを取り組むのであれば、そのような部分も忘れてはいけないと個人的には思います。

そもそも、出会い系サイトで実際に女性と出会ってそれを記事に書くだけにすれば、1ヶ月多くて2人くらいにしか会えないので、コタツ記事は絶対に必要になります。

ですので MSR(メイン・サイト・リライター)などが必要になります。

自分自身でリライトをしても問題ないですが基本的には実際の出会いだけを記事にしていては、 Google が評価してくれる位のドメインパワーがつくのが時間がかかるのです。

これは、あなたが不細工であるとか、そういった話ではなく、現実問題的な事を言っています。仕事をしていて出会い系サイトで出会う。余程頑張れば毎週1人は出会えると思いますが、現実問題的に1ヶ月数人が限度です。

Google に評価されるドメインを作っていきたいのであれば、1ヶ月最低でも10記事位は最初頑張っておいた方が良いです。

最初の頑張りはドメインパワーを圧倒的に引き上げてくれるので、後の作業が楽になってきます。

男性も女性も、エロを主体とするコンテンツを書いていくことで、差別化出来て信頼関係を得ることが出来ます。

この様に、出会い系サイトで申し込みをするとき、お金とか安全性とかよりも、セックスができるかどうか?の方が大事だったりします。

これは、もちろん意識の分からない部分で考えているので安全なのか?とか個人的には気になっていたとしても、実はそれほどあまり気にしていないみたいなケースになっていることが多いです。

ですので、もちろん安全性とかの部分があれば良いですが、良い女性とセフレを作るためにどのようにしたらよいか?みたいなノウハウ系の方がよろこんでくれますし、安全性も分からなければ分からないで取り敢えず登録だけしてみろ!的な感じがあるのかな?と個人的には思っています。

あと、バックグラウンド的に、男性の場合、詳しいことは言わないにしても、エロビデオを見てるとか、どこどこの出会い系サイトが良いみたいなことくらいは多少の知識は知っています。

男性の場合、オナニーの為に様々なエロサイトなども検索しますので、出会い系サイトとかツイッターのセフレを探し方みたいなことはアンテナを立てています。

ですので、ワクワクメールとか PCMAX(PCマックス)とかの場合は、安全性は担保されていると個人的に思っているケースが多いのかなと…私は思っています。

もちろん、私の出会い系サイトの体験談には、それぞれの出会い系サイトのレビューとか、安全性とかについても説明はしています。

でも、男性の場合はそれほど安全性についてガッツリと説明するみたいな感覚は女性に比べてないのかなと個人的には思います。

それでは、男性と女性、どのようなキーワードとか、どのような気持ちなのか?などをそれぞれ説明していきたいと思います。

男性の成約率の高いキーワードとその考え方

もうすでに述べたような感じがしますが(笑)、男性は間違いなくエロの方が成約率が間違いなく高いです。

成約率の高さに加え、エロよりであれば

メリット
  • 企業が参入しにくいキーワードで戦える
  • 名前を出している有名なアフィリエイターも参入しにくいキーワードで戦える
  • 性欲に限りなく近いキーワードなので知能指数が下がり、普段考えられないような行動を起こす→通常は成約しないけど成約する

この様なメリットがあるかなと思います。

私がオリジナルで常々言っている「性癖」「女性(男性)の好み」「地域性」「願望のプレー」「性に対するコンプレックス」が全ての根幹になり、この部分をしっかりと打ち出すと、徐々にファンがついてくるコンテンツをかけるようになります。

婚活アプリなども許してくれそうな綺麗めな恋愛系のコンテンツでも成約はしますが、エロに比べると圧倒的に不利です。

そもそも企業とか有名なアフィリエイターとかも参入できそうな、まだ人間の欲を前面に打ち出していないようなキーワードやターゲットは、出会い系サイトアフィリで稼ぐにはジャンル選定的、戦略的には非常に勿体ないです。

どうせなら、彼たちが参入できないような人間の欲望に迫るくらいの、或いは今までカミングアウトしてない様な性の悩み、体の悩みなどを打ち出すようなコンテンツが良いです。

あなただけの体験は間違いなく強みになります。

債務整理ジャンルで、弁護士がコンテンツを書いているようなモノです(笑)

現に私も、この様なエロの情報がめちゃくちゃ詳しく、数百万円稼いでいるとか、人に言えません(笑)でも、神経にコンテンツを作っているので、出会い系サイトとか悩みの深い情報商材がガッツリと売れるのです。

例えば、女性で言えば分かりやすいところは LC ラブコスメとかの恋愛コンテンツ。

LC ラブコスメに初心者や中級者、個人で戦っているアフィリエイターがコンテンツでは勝てません。ドメインパワーが違います。

ですので、この文章は男性と書いていますが、女性も同様、めちゃくちゃドエロな部分にフォーカスして属性を絞り、記事を書いていくのが効果的です。

今 YouTube とかで、フェラチオの仕方とかを顔出しでやっている勇者が居ますが、デジタルタトゥーという言葉を覚えておきましょう。

あのコンセプトは、確かに1ヶ月100万円以上のポテンシャルがあると思います。

でも、20代、30代の時に、ガッツリと顔出しをして、 YouTube でみんなが触れないアンタッチャブルなところ、フェラチオの仕方、不倫の仕方、「パパ活」の仕方、出会い系サイトの使い方、女性が悦ぶクンニ、等々情報を発信することとトレードオフした時に圧倒的に馬鹿げた行動です。

別にあの人たちを責めているわけではなく、非難しているわけでもなく、私だったら絶対にしないし、私の指導をしている方にも絶対にやらないようにと釘をさしています。

目先の数百万円に目がくらみ、5年後、十年後の自分の暮らしが見えていない、自分の生活を想像できていない。

エロは稼げるのですが、それだけリスクがあることを覚えておきましょう。

顔出しをせず、しっかりとサイトのキャラクターを打ち出していってあげれば、あのような事をしなくても、同等、それ以上の報酬は問題なく稼げますので。

話がそれましたが、男性はとことエロを攻めていくことが稼ぐための近道。

Google では関連キーワードが出てきませんが、

  • セフレ
  • セックスフレンド
  • 遠隔バイブ 使ってみたい
  • 不倫相手
  • ド淫乱な人妻
  • セックスしたい女子大生
  • 3P
  • ソフト SM
  • 中イキ 覚えたい
  • レイプ したい(されたい)

この様なキーワードを意識し、そこから自分自身の「性癖」「女性(男性)の好み」「地域性」「願望のプレー」「性に対するコンプレックス」に絡めていく。

沢山の体験談がありますが、 MSR(メイン・サイト・リライター)を使っていけば、自分自身の「性癖」「女性(男性)の好み」「地域性」「願望のプレー」「性に対するコンプレックス」に変換することが出来ます。

私の MSR(メイン・サイト・リライター)の特典を使えば、 Web上で公開されている全ての記事において利用出来ます。

初心者の方、はじめての参入者の場合、徹底的にパクる(TTPというマーケティング用語)ことも実力を伸ばす重要な要素です。

こういったキーワードの組み合わせは無限にあります。

キャッチザライティング(catch the Writing)とか、アンリミテッドアフィリエイト NEO などでしっかりと基礎を学び、ライティングの基本を学べば、面白いほど成約率が高くなっていきます。

また、エロ系であれば、自分自身が体験したこと、自分が思っていること、自分のオリジナルノウハウ等、 note 販売できるのも強みです。

私の戦略はまさしくこれで、出会い系サイト登録の合計は80~100万円くらいですが、その他ノートなどのオリジナル案件も稼ぎの重要な要素です。

とにかく性癖は多岐にわたります。

エロビデオで性癖を解消したい方と、マッチング出来ればリアルで解消したい方がいるわけです。

エロビデオでジャンルが確立しているようなカテゴリーは、それだけ男性の需要も多いということ。

もちろん出会い系サイトには特殊性癖の人たちが登録できるカテゴリーも存在します。

意識するところは、ライバル(企業やその他のアフィリエイター)が参入できないような、なおかつ訪問者がよろこんでくれるようなコンテンツ。

そうなってくると、どストライクのエロ、なおかつ「性癖」「女性(男性)の好み」「地域性」「願望のプレー」「性に対するコンプレックス」がシッカリと打ち出しているコンテンツが必要です。

  • 友達に見せることができる
  • 副業をやっている、このようなジャンルでやっていると友達に見せることができる
  • 同僚や友人にも見せることができる
  • 家族にも堂々と見せることができる
  • 取引先の人たちに見せることもできる
  • 自分を尊敬してくれている人たちに見せることができる

この様なコンテンツは甘いということです(笑)

市議会議員が上履き泥棒とか、社会的地位のある人間が筋金入りの小学生の女性に対してしか興奮しないようなロリコンとか、自分に女の子の子供がいながら、中学生とセックスをする自営業者とか、とにかくネジが外れている人間はごまんといます。

なぜこの様な事を言うかといえば、つまり、どんなに社会的地位があっても、みた感じがさわやかであっても、どんな性癖があるとか、どんなエロがやりたいのとかは個人じゃないと分からないということ。

私も含め、検索ワードなどは絶対に知られたくない…特にアダルトであれば。

もちろん私は性癖はノーマルですが、ノーマルの私でも知られたくない。

一般常識のある私たちは、通常は逮捕される、或いはパートナーに言えば三行半をつけられそうな性癖は隠すものです。

そうやって日々の生活、仕事、家庭の中では、自分自身の根深い性的欲求や性癖を隠して生活しているのが私たちです。私たちは理性に支配されています。

理性がなければ、勃起すればオナニーする、所構わずセックスする、つまり動物みたいになるのです。

ですので、性癖などをいつも押さえ込んで生活している人たちが、どのような欲求も解消の為のキーワードを打っているのか?そして、その欲求はどのように解決できるのかが提示出来れば、面白いように成約率が高くなる記事を書くことが出来ます。

女性の成約率の高いキーワードと考え方

女性の場合、もちろん出会い系サイトに登録するのはセックスが好きな女性とか、貞操観念がない女性になります。

この記事を読んでいただいている方で、アフィリエイトで稼ぎたいから出会い系サイト体験談を作ってみたいと思われている女性も多いです。

実際、コンサルでは数名の女性の方がいらっしゃいます。

この記事を読んでいて、「私って貞操観念がないんだ」「結婚してるけど出会い系サイトを使うことは別にばれなければ問題ない」と思われている方。

社会的には不適合かもしれませんし、倫理的には完全に間違っています(笑)

でも、本音と建前は人間は全く違います。

そのように願望がある女性はめちゃくちゃ多いです。以前「膣土方(ちつどかた)」というものが流行りましたが、要するに膣を使って土方をする。

土方とは、男性の力仕事のことを指し、現場作業者のことを土方といいます。

要するに「出会い系サイトを使った援助交際や「パパ活」」のことを「膣土方(ちつどかた)」といいます。

ですので、このような事に抵抗がない場合、逆に言えばチャンスです。

真面目に働いている OL や主婦、セックスレスの人妻、日々のやりくりで苦労している人妻、子供が生まれたばかりで働きに行けない元キャバクラ嬢の人妻等々、女性はしっかりと戦略を立てればガッツリと稼げると思います。

男性と比べ、エロとは遠い世界で生きています。エロが好きであっても、男性のように堂々とできない。

これは、男尊女卑の名残だと思いますが、女性が男性的性的欲求を解消することは基本的にはタブーになっています。

もちろん、性ホルモンの関係で、男性のように動物的性欲ではありませんが、セックスがしたい、気持ち良いセックスを経験しているなどの女性は非常に多いです。

頭に刷り込まれている快感は、主婦になって人妻になってセックスレスになり、旦那に相手にされずに子育てをしているような女性でもしっかりと脳裏に焼きついています。

基本的に、うわべだけのつき合い、親友であっても、性癖に対してはアンタッチャブルな内容というのが、特に女性であれば大きいです。

つまり、情報があまりない。つまり、ネットで1人検索する事でしか情報の解決方法がないのです。めちゃくちゃチャンスですよね?

例えは男性であれば「オナニーにしたいけどオススメの無修正の動画で何がある?」と仲の良い友達では聴けます。

でも、女性の場合、ママ友とかの集まりで「旦那とセックスしてないけど、オナニーしたいけど何かオススメの動画知ってますか?」とか聞けませんよね(笑)

出会い系アフィリエイトに取り組む女性の方は、この部分をしっかりと意識すると良いです。

セックスが好き、セックスが興味があるというのは大前提として、なぜ出会い系サイトを使うのか?と言う部分をもう少し深掘りしていきます。

それは、やはりお金だったりします。

「パパ活」とか、援助交際などなど。セックスできてお金がもらえる。趣味と実益を兼ねる。この様な訴求方法でも良いです。

  • 旦那とセックスレスで10年間過ごしてきたけど、20代の細マッチョととろけるようなエッチをしています
  • 旦那がセックスが下手で、クンニを全くしてくれなかったけど、今付き合っている40代の会社員は AV の様なセックスをしてくれるので最高
  • 出会い系サイトで「パパ活」活動をしています。安全で意外に紳士なので、セックスもして観ていいかなと最近思っているけど(笑)
  • 出会い系サイトを使って家族とか旦那にバレないのか?気になると思いますので、3年間使い込んでいる私が詳しく説明
  • 顔を出さずにオナニーするだけでお金がもらえるライブチャット最高^^体に全く自信がないけどこんな私でも稼げる

こんな感じで、安全とお金の部分で訴求をしていく。

「パパ活」できると訴求できる出会い系サイト、訴求してはダメな出会い系サイトがありますので、その辺りは注意が必要ですが、基本的にあなた自身が体験している、あなた自身がこれから抵抗なくできるのであれば、この様な関連するキーワードを意識してコンテンツを作っていく。

先程述べた属性の女性の方たちが、どのような検索キーワードなどで落ち込むのか?どのような悩みを持っているのか?など考えます。

  • 子供 小さい 副業
  • 借金 返済方法
  • 愛人 作り方
  • 自宅 子供 稼ぐ

例えば、出会い系サイトもやっても良い、セックスにも抵抗はない、お金が困っている、みたいな女性がどのようなキーワードを打ち込むのか?と考えていけば、女性が悩んでいるキーワードがどんどん出てきます。

この様なキーワードは、通常の Google 関連キーワードでは絶対に出てきません。

出てこないからといって検索されていないわけではなく、「1人でコッソリ検索するのはインターネット」の本質を考えれば、このようなキーワードが実は検索ボリュームが多いとも考えられます。

これは本当に最強です。

コロナ禍において、女性のパートの問題は深刻になっていると思います。

そのような女性に対して、自分自身がやってきたこととか、ライブチャットで男性に会わないでセックスできるとかそのような事を訴求してあげる。

人妻もそうですし、承認欲求の強い SNS 命みたいな若い女性もそうですが、やっぱりお金が必要です。

  • 遊びすぎて借金が多くなってきた
  • セックスが抵抗なく、セックステクニックにも自信があるのでセックスで稼ぎたい
  • コロナ禍でパートができなくて何かお金稼ぎをしたい
  • 安全に家族にバレずにコッソリとお金を稼ぎたい
  • 子供が小さいのでパートに行けない
  • 出会い系サイトとかライブチャットとか怖いけど大丈夫?

この様な安全性やお金の部分での訴求が女性では効果的。

手軽にお金を稼ぎたいみたいな女性は多いです。

この場合注意点ですが、女性の方でジェネレーションギャップがある場合、旦那以外は絶対にダメ、彼氏以外は絶対にダメみたいな考え方が根本的にある人は間違いなく稼げません。

別のところでも書きましたが、私たち人間は否定されると余計否定されたものに執着します。

まず、自分自身が出会い系サイトを使うことに嫌悪感を持っていたり、セフレを作って「パパ活」をすることに嫌悪感を持っているのであれば、そのような女性の本当の気持ちなどわかりません。

出会い系サイトを自分で使っていないのに、安全性も分かりませんし、どんな男性が来るのかもわかりません。

MSR(メイン・サイト・リライター)等を使えば、確かにリライトしてある程度のコンテンツはできます。

しかしそれは、「仏作って魂入れず」で、本当に悩んでいる女性とかの気持ちもわかりませんし、女性はすぐに分かるものです。

MSR(メイン・サイト・リライター)を使ってそこそこのものを作っても、真剣に悩みを持っている女性の心には響かない可能性が高いです。

コタツ記事だけでは稼げないし、リアル体験談記事だけでも稼げない。このあたりのバランスは本当に難しいところです。

魂を入れ、訪問者の心に響くコンテンツを書くのは基本ですが、それに加え、大前提として Google に認められるドメインであることも大事です。

MSR(メイン・サイト・リライター)等も使いながら、効率よく独自の記事も書いていく必要があります。

出会い系や恋愛系を真剣に学びたい方

>>【オリジナル】出会い系で30万円稼ぐ弱者の戦略の概要ページへ

おすすめの記事