【初心者】出会い系アフィリエイトで稼ぐ

コロナ禍で出会い系アフィリエイトを使っている人間は本当にいるのか?と思う方も多いと思いますが、人間の性欲は「危機感」であればあるほど向上していきます。

例えば、性病になっている方は、セックスを無性にしたくなる。

これは、人間の生存本能にだといわれていますが、未曾有のこの状況だからこそ、出会い系サイトを使ったりキャバクラに言ったり、性欲に対して敏感になっているといえるでしょう。

もちろん、男性も女性も根本的な部分は変わっていません。

私自身も、出会い系サイトを中心に、様々なアダルトグッズ、オナニーグッズ、悩み解決(ニオイとかダイエット)などトータルで商品が売れているメディアを持っていって、圧倒的に稼げています。

コロナ禍で将来が不安な方が、副業を考えていると思いますが、なんといっても出会い系サイトやアダルト系や恋愛系、つまり深い悩み、1人でコッソリと検索するような悩みの需要はますます高まっていきます。

性欲に関連していることでいえば、出会い系サイトはダメだとしても、オナニーを自宅で充実していきたい人たちにはアダルトグッズや動画配信サービス等も売れるでしょう。

初心者の方こそ出会い系サイトやアダルト系を狙っていくべきです。

ガッツリとしたアダルトではなく、シッカリとアフィリエイトの手法にのっとったマーケティングの部分を意識したサイト作成をしていく。

そうすることで数十万円のアフィリエイト報酬を得ることができる可能性が上がります。

初心者の方は分からないと思いますので、このページでは出会い系サイトがなぜ良いのか?について説明をしていきたいと思います。

出会い系アフィリエイトとは何?稼げるの?

ちなみに私の場合、今はいろいろな改善策などをしてガッツリと体験談で出会い系サイト売っているみたいな手法でメディアを作っていません。

性欲の部分にフォーカスし、メディアの特性を十分に打ち出しながら、ファンを獲得して教えながら出会い系サイトに登録してもらったり、情報商材を購入してもらったりするスタイルとなっています。

出会い系アフィリエイトの特徴としては

  • 無料登録で敷居が低い
  • 出会い系サイトを利用した体験談以外にも、恋愛に関連する記事が無数にある
  • 女性と出会ってセックスするという部分で言えば、ダイエットとか筋トレ、体のコンプレックス改善策なども需要がある
  • 出会い系サイトは成約一件につき2000円以上と非常に高額である
  • 様々な SNS を使っていくことでアクセスが非常に集めやすい

などがあります。

私としてはメリットしかありませんが、デメリットをあえて挙げるとすれば、女性の方は最初は敷居が高かったり、家族持ちの方はサイト作成のときに家族の目が気になるとか、人に堂々と自分の仕事を言えない笑等があります。

とは言え、初心者のアフィリエイターの方は間違いなく出会い系サイトがおすすめです。

無料登録で敷居が低くなおかつ判断が鈍くなっている

出会い系サイトに登録するのは無料です。

更に、性欲を解消しようと思っている男性ですから、射精の為の準備をしているため、通常の判断基準がかなり鈍っているのも成約が高まる秘密です。

人間の本能として、3大欲求を解決する時はかなりの知能指数が下がる仕組みになっていて、例えば高速道路でも居眠り運転をしてしまうなどがその理由です。

危険だとわかっていても居眠り運転をしてしまうのは、三大欲求の睡眠欲を満たそうと思っている部分があります。

性欲も全く同じ。

性欲を解消しようとする男性は、リスクを背負ってでもそれを達成しようとします。

例えば社会的地位のある男性が未成年とセックスをしたり、上履き泥棒だったり、様々な性欲を満たす行動をして逮捕されているニュースは後を絶ちません。

「かわいい女性とセックスができます」「エロい人妻とセフレになれます」と誘惑があれば、通常は行わない行動でもしてしまう可能性があります。

そのような部分で非常に成約が高い。

性癖でキャラクターを出すことができる

通常のアフィリエイトであれば、様々な分野に専門性がなければあなたのサイトから購入する理由が全くありません。

例えば債務整理であれば弁護士の発言することが信頼性があり、そのようなメディアと対抗していくためには、あなた自身が勉強をしなければいけません。

しかし出会い系サイトアフィリエイトをはじめ、様々なアダルト、悩みの深いアフィリエイトは、あなたの「性癖」「女性(男性)の好み」「地域性」「願望のプレー」「性に対するコンプレックス」などで差別化が可能になります。

もちろん出会い系サイトを使っていくことが基本的になります。

そのような部分でかなりの権威性を持たせることが可能になるのも特徴の一つ。

出会い系サイトをはじめ、アダルト関係は企業が参入しにくい

出会い系サイトは一流企業が参入する事が厳しいです。

その他のアダルト、悩みの深いセックスに関連する情報発信というのも同様で、個人で実際に悩んでいる人間の方が強いです。

企業がアフィリエイトで稼ぐために出会い系サイト業界に参入する場合、企業のイメージなどもありますので、私たち個人のようにガッツリとコンテンツを書くことはできません。

  • 人妻とセフレを作りたいのであれば PCMAX(PCマックス)!
  • ワクワクメールで20代のセフレと出会った話!

みたいな企業がいたら、アフィリエイト報酬数百万だったとしてもリスクが多すぎると思います(笑)

つまり、企業がアフィリエイトに参入する、出会い系サイトに参入する場合、クリーンな記事しか書くことができません。

そういった部分で、他のアフィリエイトジャンルでは企業のページが多い中、2020年12月現在でもアフィリエイトとしては非常に個人が戦いやすいジャンルなのです。

  • 出会い系マッチングアプリですてきな彼女を作る3つの秘密
  • 出会い系サイトでどスケベド淫乱な36歳Fカップのセフレができた話

あなたが性欲を満たすのはどちらだと思いますか?圧倒的に下ですよね。

性欲にダイレクトにアプローチできますし、三大欲求の中でも子孫繁栄の部分で最も強いと思われる性欲。

様々な要因がありますので、出会い系サイトアフィリエイトは非常に稼ぎやすいのです。

多くのアフィリエイターが参入しない理由とは?

例えば、ツイッター(Twitter)やその他のメディアで活躍しているアフィリエイターが出会い系サイトをしているのは非常にリスクだと思いませんか?

例えば、マナブさんが幾ら独身だとは言え、出会い系サイトをガンガンやって、、セフレを作るために努力しているとかは言えないはずです。

このように、多くのアフィリエイターが様々なリスクを抱えているといえます。

実力のある ULTRA アフィリエイターと呼ばれるような方々も、アダルトや出会い系サイトジャンルに参入したいのは山々だと思いますが、それは非常に厳しい状況ではないかと個人的には思います

私自身も、ペンネームで活動をしていますが、リアル店舗の人たちには絶対に知られたくありません(笑)

私は独身ですので、出会い系サイトをガッツリと使っていますが、リアルの友人や、仕事の知人などには当然ですが知られていません。

しかし人間が1人でコッソリと検索するのがインターネットの特徴ですから、この様なジャンルは間違いなく稼げるのです。

出会い系サイトのイメージとして、いかがわしを感じたり、罪悪感があったり、知名度がありすぎてなかなか好評出来ないなどがあると思います。

例えば、ヨガの情報発信をしたり、グルメ系のアドセンスは教えることはできるとしても、

  • 彼氏が悦ぶフェラチオの仕方
  • 私が「パパ活」をしてみて分かった、セックスをしながらお金をもらえる方法とは?

等の記事を書いて稼いでいますといえる女性のアフィリエイターもいないはずです。

例えば、はあちゅうさんの旦那さんはしみけんですが、

  • 昨日のセックスで今までで1番ド変態のことをしたプレーに対して
  • 旦那にフェラチオを褒められた^^! AV 男優にでも褒められる彼氏をメロメロにするフェラチオの仕方

等の記事はさすがに今の社会的地位からすると書けないはずです。

そのような感じで、実際に実力のあるアフィリエイターの方は、名前を出して活動しているような場合、ガッツリとドスケベな記事は書けないわけです。

仮に出会い系サイトを使っていたとしても、実際に結婚をしていて家族愛アピールをしているアフィリエイターの場合、セフレがいるとか、出会い系サイトでセフレを見つけた等は書けないでしょう。

この様な部分を考えれば、今後も実力のあるアフィリエイター、或いはドメインパワーの強い企業が参入しにくいジャンルということになるわけです。

もちろん、性欲を解消したく、できれば女性とセックスしたいとかいう男性をターゲットにしているため、一般的に言われている「アダルトなので廃れない」「三大欲求の一つ」「出会い系サイトは無料である」等も稼ぎやすい条件としては非常に優秀です。

私自身、もちろん PCMAX(PCマックス)やハッピーメールなどを使って、実際の体験談を書いていますが、それ以外のアダルト系のグッズや情報商材などもガンガン売ることが出来ています。

私のように通常のアフィリエイトから入り、シッカリとアフィリエイトの基本を学び、検索上位に入る様な記事を書いていくやり方をすれば、通常のアフィリエイトよりも結果が出るのは早いです。

「出会い系アフィリエイトは稼げる」「アダルトは廃れないジャンルだから稼げる」くらいの感覚で参入している人が多いですので、しっかりアフィリエイトとして考えて記事を書いていくスキルがあれば、初心者の方でも数ヶ月頑張れば化ける確率が非常に高いジャンルだと思います。

キーワードプランナーやキーワードツールでは出てこない購買意欲の高いキーワードがあるのも特徴の一つ

出会い系サイトでは、キーワードプランナーをはじめ、様々なキーワードツールでははじくようなキーワードが沢山あるのも特徴の一つ。

実際に私は楽しむようにとコンサル生の方には言っています。

理由は簡単で、自分が楽しめば、おのずとブルーオーシャンのキーワードがゴロゴロと見つかるからです。

  • 人妻 アナルを舐められる 悦ぶ 出会い系
  • 出会い系 援助交際 セフレへ昇格
  • 人妻 浮気願望 セックスが好き

この様なキーワードは、性欲を解消したい男性が検索するキーワードですが、当然ですが通常のツールでは探ることはできません。

  • 出会い系 オススメ
  • 出会い系アプリ 登録の仕方
  • 出会い系 セフレ 見つけ方

この様なキーワード戦略しかできない人はいつまでたっても稼げません。

出会い系サイトを実際に楽しんでいたり、自分自身がセックステクニックを本当に身につけたいと思っていたり、その体験を自分自身がしたり、自分が本当に悩んだり…このような男性、このような女性が稼げるのが出会い系アフィリエイトをはじめとした恋愛系アフィリのおいしいところになります。

出会い系サイトで稼ぐためのターゲット

有料 note にも記載していますが、出会い系アフィリエイトは記事を書くテンプレートが存在します。

それをしっかりと当てはめながら記事を書いていけば文章書き慣れていない初心者の方でも比較的簡単に記事の書き方のコツが分かってくるようになります。

また、徹底的にパクる(TTPというマーケティング用語)事も上達の一つです。

私のように、出会い系サイトアフィリに参入したばかりの最初の時、 MSR(メイン・サイト・リライター)で検索上位の記事を真似て行くのも一つの方法です。

私が2016年の初めに参入したときは、出会い系サイトに登録したこともなかったですので、コタツ記事でしか体験談などを書くことはできませんでした。

ですので、 MSR(メイン・サイト・リライター)で検索上位、自分の性癖のキーワードで検索し、上位にヒットした記事をリライトしていました。

それで記事を積み上げていくことで、だんだんと稼ぐためのテンプレートとして自分の型ができてきたのです。

そのような自分の記事の形をしっかりと身につけるまでは、ターゲットをしっかりときめ、型にハマッた記事作成をしていくと良いでしょう。

出会い系サイト、アダルト系の記事、恋愛系の悩みの深いジャンルの記事は、どのようなターゲットに記事を書くのか?がある程度決まっています。

ネタが尽きた時は、ある程度ざっくりと大枠を決めてあげるとよいでしょう。

セフレ、セックスがしたい

結婚しても、ある程度社会地位があっても、誰でもかわいい女性とセックスをしたいと思っているはずです。

女性でも人妻であってもセフレが欲しいとか、セックスが満足していないのでパートナーを探しているみたいな人は沢山います。

この属性が最も楽で、アダルトに近いですのでネタがつきにくいです。

この部分は、実名を出している有名なアフィリエイターとか、企業の人が来れない部分ですから、属性をしっかりと絞って記事を書いていけば非常に稼ぎやすいです。

出会い系アフィリエイトで一番稼げる訴求方法になります。

理由は単純で、人妻はセックスがしたいことを隠して生活していますし、バリバリのビジネスマンも家族が大事とか言っている裏で、不特定多数の異性とセックスをしたり、様々な関係を持ちたいと思っているからです。

もちろん、自分の子供の PTA とかでは厳しいですし、パート先のセフレの関係になるのは非常にリスクがあります。

そのような欲求を持っている男性や女性に対して出会い系サイトのことを教えてあげます。

  • 出会い系サイト セフレ バレない
  • 習い事 すてきな男性 セフレ リスク
  • 出会い系サイト セフレ 変な男性しかいない?
  • 出会い系サイト 変な男性 割合

みたいなキーワードで実際にどこかの人妻や、どこかのビジネスマン、どこかのキャリアウーマンが検索しているわけです。

検索キーワードは絶対に人に見られたくない…みたいな検索をしたことがないという方は少ないのではないでしょうか?

この様なターゲットに向け、体験談を交えながら、出会い系サイトが安全であると伝えたり、或いは「異性とセックスするために」と言う訴求でセックス系の情報商材を勧めたり、様々な応用方法が存在します。

私自身がドスケベですので(笑)、コンサル生の方は目からウロコの発想でびっくりされることが多いですが、単純に自分が独身でセックスを楽しんでいる、不特定多数の女性とセックスをすることが楽しいからというベースがあり、それに加えてアフィリエイトやマーケティングスキルの手法を取り入れているわけですから、この部分が別れば初心者の方でも比較的簡単に圧倒的な報酬を稼ぐことが出来ます。

不倫相手を探している|男女共通

一般社会では

「不倫は個人の問題だし、私セックスレスだし、セックス大好きだし、旦那も相手にしないからセフレが欲しい。バレないようにする自信あるし」
「妻にバレないように20代のセフレが欲しい。愛人契約でも良い。5万円くらいなら経済的余裕もあるし全く問題ない。変態プレイができるようなセックスが楽しめるパートナーが欲しい」

とか、幾ら親友であっても言えるはずがないですよね?

しかし、私自身出会い系サイトを使って付き合っているセフレは全員が主婦です。

コレが現実です。

社会的地位がある男性、子育てや PTA の活動に忙しい主婦の女性が、こそりと

  • セフレの探し方 出会い系サイト
  • 出会い系 セックス 満足できる
  • 20代 筋肉質 熟女好きな男性

みたいなキーワードで検索しているということになります。

女性であれば、貞操観念がないアフィリエイターの方であれば、自分自身の実体験をもとにこのような女性に対して「共感を得ることができるコンテンツ」は書けるはずです。

私のコンサルの女性の方は、40歳で子供が2人いる旦那さんもいる方ですが、出会い系サイトで抵抗なくセックスをして、もともとアフィリエイトのためでしたが、「楽しんでください」と伝えたら、実際にコンテンツ販売などもするようになりました。

  • 40代主婦が20代のジャニーズの男の子を夢中にさせるフェラチオの仕方
  • 男性がまた会いたいと思ってくれるようなセックスの時の振る舞い

ヒントを言えば、こんな感じでコンテンツを書いているわけです。

発想は無限になります。

セフレ、不倫相手、ともに日常生活では絶対に「賛成していても反対である」と言わなければいけないアンタッチャブルな部分。

でも、聖人君子じゃない限り、そのような欲求を抑えている人間は少ないのです。

こういったターゲットは非常に稼ぎやすく、「性癖」「女性(男性)の好み」「地域性」「願望のプレー」「性に対するコンプレックス」で共感を呼びやすいです。

私のコンサル生の男性、コンサル生の女性もともに、家族やパートナーに見つかるととんでもないような内容の記事を書いていますが(笑)、不倫がしたい女性、不倫がしたい男性、性欲の強い女性、性欲が強い男性のファンをしっかりとつけている方が多いです。

そして何よりも、私と個人的に繋がっていない、実名をお互いに知らないというのも、教える側も教えられる側もリスクがなくて良いという部分もあります。

私も、さすがに友達にはこの様なスキルを教えることが出来ませんし(笑)

ネット上の関係だからこそ、誠心誠意しっかりと教えることは同じなのですが、お互いプライバシーを知らないという部分で良い関係ができているというのも大事な部分かなと思います。

有名になって、今流行のサブスクの「サロン」とかをして絶対に教えることが出来ない内容ですので(笑)

知り合いに絶対にバレたくないというのは、私自身も、コンサル生の方も同じです。特に主婦とか結婚されている男性は「秘密性」は大事な要素になります。

真面目な恋愛がしたい、真面目な彼女探しをしている、結婚相手を探している

このあたりは、セフレ探しと比べマイルドな部分になります。

逆に言えば、リサーチさえすれば誰でも書けるような文章ですし、企業が入り込んできても、イメージを崩さずにコンテンツを書くこともできるジャンルです。

また、差別化もできませんので、私たち個人のアフィリエイターではなかなか厳しい部分かなと思います。

お金を持っているグループでやっているアフィリエイターたちが、婚活アフィリの外注を沢山募集していますが、誰でも気軽に参入できる、企業もイメージを崩さずにコンテンツを書くことができるという部分ではあまりおすすめできないターゲットになります。

そもそも、 PCMAX(PCマックス)やワクワクメール等は「真面目な出会い」カテゴリーは存在しますがそれはあくまでも女性をターゲットにしているためです。

出会い系サイトを使っている男性の9割8分くらいは「都合のいいセフレ」「セックスがしたい」願望です。

私もこの層になります(笑)

プロのライターも参入できるカテゴリになりますので、個人が戦うのは若干不利ですし、個人のメリットが活かせないかなというのが正直な印象になります。

特殊な性癖を持つ人たち

このターゲットも非常においしいです。

3P がしたい、アナルがしたい、 SM がしたい等々・・・

女性であれ男性であれ、通常の日常生活では隠さなければいけないような「性癖」「女性(男性)の好み」「地域性」「願望のプレー」「性に対するコンプレックス」。

女性でもレイプ願望があるとか、複数の男性としたいとか、アナルセックスに興味があるとか、中イキ経験がないので中イキを味わってみたいとか、結婚しているとか社会的しとか関係なく、性欲の解消をしたい人たちは沢山います。

結婚相手を探している男性

こちらも彼女探しと同様、プロのライターとか企業が参入しやすい部分になります。

個人のメリットをなかなか出すことが出来ないかなと思います。

せっかくアダルト系や出会い系アフィリエイトに参入するのであれば、有名なアフィリエイターや、企業が参入できないようなドスケベなジャンルの方が個人的には良いと思います。

出来るだけブルーオーシャンで戦うのが好ましいですので、私はこのターゲットに対してはアプローチはしません。

コンプレックスの強い男性や女性|モテたい

アダルト系のターゲットと相性が良いのかこのターゲットになります。

例えばあなた自身が「セックスに大胆になれないのは年齢とか加齢に伴う脂肪」が原因であれば、モテるためにどのような事をすればよいのか?とか、どのような解決策があるのか?とかを提示してあげれば良いわけです。

女性であれば、実際に結婚をしていながらセフレを作ったり、30代でも「パパ活」ができたりとか、そういった経験も込みで様々なコンテンツを提供することが出来ます。

例えば男性であれば、筋トレの仕方とか、ペニス増大サプリメントを売るとか、バイアグラを売るとか、とにかくセックスに何でもつなげることが出来ます。

或いはセフレと楽しむために大人のおもちゃを使ってみたりとか、それこそ無限大に発想があれば何でもできます。

出会い系サイト体験談は、「あの子とセックスしたぜ」「おいしい思いをしました」ばかりのコンテンツだけでは勿体ないのですが、この部分を知らないアフィリエイターが殆んどですので。

例えばセックスする、モテたい、でもモテない男性がコンプレックスを持っていた。

それが外見的な悩み(太っている、息が臭い、ワキガである、頭が薄い)であれば、通常通りの物販のアフィリエイト商品を売ることが出来ます。

どのジャンルで取り組んでいくのか?

この様に考えたとき、企業がイメージを損なわずにクリーンな恋愛を助長するような感じで記事をかけるターゲットに絞ったり、有名な顔を出しのアフィリエイターが参入できるようなターゲットを狙うのではなく、アダルトを全面的に打ち出したドスケベな変態記事を書いていくのが良いかなと思います。

逆に言えば、男性女性に限らず、このターゲットに対してコンテンツをかけない、そのような属性のターゲットに対して性癖が気持ち悪いとか、自分の倫理感と外れてしまうみたいな方は、アダルト、出会い系サイトのおいしいところを得ることはできないかもしれません。

出会い系サイト、アダルト全てにおいて、特殊性癖やセフレとか不倫、日常生活は絶対言えないよな潜在的な悩みを持っているターゲットを狙って記事を書いていくほうが絶対におすすめになります。

私のコンサル生、私自身のメディアも、全てこのいずれかで収益化をしております。

また、悩みが実際のセックスに付随するもの(早漏である、包茎である、セックステクニックが全くない、会話術が自信がない)であれば、高額の情報商材を売ることも可能になります。

女性であれば、「パパ活」を作る方法とか、例えばライブチャットでオナニーをするとどういうふうになるのか?とか、通常の部分で分からない様なところを経験してしっかりと情報発信していけば、ブルーオーシャンな部分がめちゃくちゃ多いのが分かってくると思います。

出会い系サイトで稼ぐためのライティング

どのターゲットに対して情報発信をしていくのか?を決めたら、あとは出会い系で稼ぐためのライティングに沿って記事を積み上げていきます。

出会い系アフィリエイト記事を書いていくときは、 MSR(メイン・サイト・リライター)などを使って効率よく記事を積み上げていくと戦略的に良いです。

ただ、検索上位の体験談記事などをリライトするだけでは駄目です。

また、参考にする、つまりモデリングする記事やサイトを間違えない様にすることも重要になります。

体験談だけでは圏外に飛ぶ、成約が難しい

一昔前は、ワードプレスの TDCテンプレートの体験談ばかりが検索上位に占めていました。

有名な体験談サイト「母さんに誓ってガチです」の二番煎じみたいなリライトにリライトを重ねたような体験談記事ばかり。

そのような体験談サイトは2017年?のアップデートで全て刈り取られてしまいました。

私自身も、もちろん体験談記事は MSR(メイン・サイト・リライター)などを使って積み上げていますが、重要なことは体験談だけでは圏外に飛びやすく、成約が難しい知っておくことになります。

私を含め、2018年あたりからコンサルを行っている方たちは、殆んどアップデートに対して圏外に行くことはありませんでした。

最短で成果を上げることを考えるのであれば、少ないアクセス数でしっかりと成約する記事、また、体験談ばかりで結果的にドコにでもある様なサイト構成にしないことを意識する必要があります。

「こんなエッチなことセックスできます」みたいな感じで、女性に写真をさせて体験談記事を積み上げていっても、成約は難しいです。

理由はシンプルで、読者に対してメリットとなるような価値を提供していないからです。

あなたの自慢話とか、幾らあなたが本当に出会い系サイトであったとか別に必要じゃなく、読者が自分にもメリットがあるかどうか?分かるような記事を書かなければいけません。

重要なことは、体験談と踏まえながら安全なのか?とか、出会い系サイトでの慣れていない時の悩みを解決できるのか?などの記事を書けるかどうか。

ライティングでしっかりと信頼を積み上げていき、心理的不安などを取り除き、安心感を与えていくような記事を書いていく。

性癖で信頼性を掴んでいるのですから、それほど難しいことではないと思います。

詳しくは私の note に記載していますので、どのあたりを注意してコンテンツを書いていくのか?稼ぐ出会い系サイト記事の戦略の立て方とか、コンテンツの積み上げ方などを勉強していきましょう。

出会い系サイトアフィリエイトについてのまとめ

初心者の方には難しい部分もあったかもしれませんが、出会い系アフィリエイトで稼ぐことは、2020年でも十分簡単だと個人的には思っています。

2021年以降、今以上に企業が案件に絡んできて、アフィリエイターを介さずにコンテンツが書けるのであればどんどん検索上位にくると予想します。

実際に、コロナ禍において、企業も人件費節約に一生懸命になっているのは簡単に予想できます。

アフィリエイターに対して、アフィリエイト報酬を払うよりも、自分自身で記事を書き、自社商品を販売していく方が経費削減になるし、実際に企業サイトの方が Google に評価されているし…みたいなことがわかれば、どんどん外注などを使って記事を書いていくと思います。

そうなってくると、私達のような個人のアフィリエイターは絶対に勝てなくなる環境になります。

しかし、アダルトの場合そのような事が少ないのです。

ですので、自分の得意な部分をしっかりと認識しながら、効率よく出会い系サイトで稼いでいって欲しいと思います。

出会い系アフィリエイトは挑戦しないほうが勿体ないかな…と個人的には思います。

信頼関係が生まれてくれば、出会い系の登録以上の案件が成約したりするので、ビックリすると思いますよ。

2021年以降、アフィリエイトに挑戦したい方は、是非とも出会い系サイトに取り組んでみてはいかがでしょうか?

おすすめの記事