Contents

“イージー・ワーズ・アナリティクス”=Easy Words Analytics(“EWA”)についてのレビューページです

詳しく解説していきますので、ぜひ最後までお読み下さい。

竹野
どのようなツールなのか?については、動画で解説をしていますので、よかったら参考にしてください。また、動画でGoogle検索回数が出ていますが、私の特典として、こちらでGoogle検索回数(月間検索数)のデータもお渡ししますので、ツールをさらに効率よく使うことが出来ます。

効率を考えた場合、先行投資としては価値のあるツール
キャッチザウェブさんのコンテンツスカウターなども同様ですが、やはりツールですので、例えば「文字数」等の精度は落ちますが、自分で調べる事を考えた場合、このセールスレターに書かれている通りにやると、副業では時間がかかります。やることは沢山ありますので、ツールを使い効率よくキーワードを探してください。
竹野より一言!
特典として、Googleキーワードのキーワード調査も行います。具体的な数値を把握し、なおかつ緩いキーワードかどうか?を調べられるため、効率よくコンテンツを書いていくことが出来ます。

商品名 “イージー・ワーズ・アナリティクス”=Easy Words Analytics(“EWA”)
著者|執筆者 株式会社MSR
販売責任者|販売会社 田嶋 秀一
販売URL https://easy-words-analytics.info/
所在地 東京都港区麻布十番一丁目5-10
電話番号及びアドレス TEL: 03-6869-1867 (お問い合わせはメールでお願いします。)
教材の形態 ツール
金額|返金保証 【返金ナシ】
教材対象者 アフィリエイトをされている方全般、副業の方、時間のない方
総合評価

A級教材 7点/10点満点中

株式会社MSR

私の一押しのMSR(メイン・サイト・リライター)、またPSW_ver.2(パーフェクト・サテライト・リライター)等の販売をされている会社で、ツールに関しては間違いないと思います。

私が最も信頼している販売者さんの1人であり、返信は物凄く速く、本当に安心できる販売者さんです。

丁寧な対応をずっとしていただき、私も自信を持って販売することが出来ています。今回、“イージー・ワーズ・アナリティクス”=Easy Words Analytics(“EWA”)はすぐに購入したのですが、その際のフィードバックなどに関しても、すぐにお返事をいただき、私の要望などに関しても前向きに対処してくれたりと、非常に丁寧な対応をしていただいています。

“イージー・ワーズ・アナリティクス”=Easy Words Analytics(“EWA”)の内容

“イージー・ワーズ・アナリティクス”=Easy Words Analytics(“EWA”)では、出来るだけ効率化を図りサイトを検索上位にするための方法が凝縮されています。

販売ページを見ていただければ、TOPアフィリエイターがどのような作業を踏みながらアフィリエイトサイトを構築しているのかがすべてわかるような仕組みになっています。

そして、どのようなSEOをかけて取り組んでいるのか?等もすべて分かるようになっています。

セールスページを見ていただければ、中級者のアフィリエイターの方でもすごく参考になることが書かれていますので、購入する、購入しないは別として、是非とも販売ページをご覧になってください。

竹野
ちなみに、販売ページに書かれていることは、“イージー・ワーズ・アナリティクス”=Easy Words Analytics(“EWA”)がなくてもすべてご自分の力でやることが出来ます。ツールがあれば簡単になります。

稼いでいるアフィリエイターであれば当たり前にやっていることですが、初心者がこれをやろうと思うと非常に時間がかかります。副業のアフィリエイターであれば特に時間との戦いですから「どこで妥協をするのか?」が非常に大事なところになります。

実際に、“イージー・ワーズ・アナリティクス”=Easy Words Analytics(“EWA”)で書かれている「七つの手順」は、これといって驚くようなマジックはなく、当たり前に行うことです。

それを「時間を少なくする」ために作られたのが“イージー・ワーズ・アナリティクス”=Easy Words Analytics(“EWA”)です。

MSR(メイン・サイト・リライター)、PSW_ver.2(パーフェクト・サテライト・リライター)があれば、さらに効率よくコンテンツを作ることができます。

アフィリエイトで必須の作業を出来るだけ簡略化できるのが“イージー・ワーズ・アナリティクス”=Easy Words Analytics(“EWA”)の魅力

販売ページを見ていただくとわかりますが、アフィリエイトで稼ぐための記事の用意の仕方、どのようにして記事を書いていくのか?等を詳しく説明されていますが、この作業を簡略化していくのが“イージー・ワーズ・アナリティクス”=Easy Words Analytics(“EWA”)と思っていただいて構いません。

もちろん、その過程でMSR(メイン・サイト・リライター)が必要の時、PSW_ver.2(パーフェクト・サテライト・リライター)が必要な時が出てきますが、全ての3つのツールは同じ販売元になりますので、ツールを持っていればそれだけ有利に立ち回ることが出来ます。

SEOで意識すべきところ(共起語や見出しタグ、キーワードの配列、文字数など)が“イージー・ワーズ・アナリティクス”=Easy Words Analytics(“EWA”)を開いている時に理解しながら作業できますので、時間効率の部分でも非常に重宝します。

竹野
ツールを開いているだけですべての事がわかるため、様々な情報が理解出来ますので、それぞれ作業が止まることがなく、時間効率の部分でもかなり良いですよ。
  • 検索キーワードのライバルの解析
  • Yahoo!虫眼鏡の解析
  • 共起語のAnalytics
  • 共起語サーチ
  • 見出しタグの解析
  • キーワード出現率の解析
  • キーワードの配置
  • コンテンツ文字数の解析
  • 被リンク、発リンクの解析

このような作業を「数秒」で終わらせてくれるツールです。

今まで、月間検索数のチェック位で記事を書いていた方は、“イージー・ワーズ・アナリティクス”=Easy Words Analytics(“EWA”)があれば、上記の詳細がわかるため「指標」として判断しやすいです。

◆【検索キーワード】について◆

  • 44%は3キーワード以上の複合キーワードで検索する
  • 64%はそのキーワードを一度しか使わない
  • 20%は過去90日間に検索されることがないキーワードで検索する
  • 16%が今日まったく新しいキーワードを生み出している

From:Inside Google Search

もちろん、月間検索回数が0でも、検索結果としてアクセスが来ることなどは普通にあります。

Googleが発表している様に、実際に新しいキーワードで検索する人は普通にいますので、ツール頼りになるのは危険です。

ただ「作業のすり合わせ」「答え合わせ」「時間短縮」などを考えたとき、EWAがあると非常に時間効率が良くなります。

“イージー・ワーズ・アナリティクス”=Easy Words Analytics(“EWA”)のデータの注意点

注意すべきところは、コンテンツ文字数の解析のところです。

“イージー・ワーズ・アナリティクス”=Easy Words Analytics(“EWA”)では、特定のキーワードで調査した時、検索上位のライバルサイトの文字数がわかります。

文字数が全てではありませんが、ライバルサイトが5000文字ばかりなのに、新参者のあなたが2000文字で書いたとしても検索上位に来ることはありません。

アフィリエイトのSEOは、ライバルの相対性の要因が影響を与えますので、キーワードやジャンルによって「文字数」「記事数」等は変わってきます

私は、基本的には「ライバルサイトの1割増」位の意識を持つようにしています。

つまり、検索上位のサイトが2000文字であれば、2500~3000文字を意識して書いていく。こんな感じです。

“イージー・ワーズ・アナリティクス”=Easy Words Analytics(“EWA”)も、ライバルサイトの文字数が全て出てきます。

しかし、この文字数は「コンテンツ文字数」ではありません。サイト全体の文字数になりますので注意が必要です。赤枠で囲んだ「3168文字」ですが、コレはコンテンツの文字数ではありません。

対象サイトのコンテンツは、本文が1000文字程度です。なぜ3000文字以上になっているのか?それは、カラムの(本文以外)文字数もすべてカウントしているからです。

ですから、目視で確認する必要があります。

2カラムやカテゴリの文字数がなければ、本文と近い文字数に収束しますが、基本的には本文の文字数だけではなく、すべてのカラムを「文字数としてカウントしている」様です。

面倒ですが、どちらにしても「最終的な確認」は目視が必要になりますので、「文字数はあてにならない」と思ってもらっていればそれほどストレスにはなりません。

これは、“イージー・ワーズ・アナリティクス”=Easy Words Analytics(“EWA”)だけではなく、ほとんどの文字推測ツールで同様の挙動です。

“イージー・ワーズ・アナリティクス”=Easy Words Analytics(“EWA”)と「タミコ(tami-co)」の違い

「タミコ(tami-co)」は、様々なSEOを解析出来るツールで

  • タイトル文字数調査(EWAでも出来る)
  • ページ本文の文字数調査(EWAでも出来る *本文ではなくキーワード調査で
  • 露呈するサイト全体の文字数の為、最終的な目視は必要)
  • サイト内部へのリンクの本数調査(EWAでも出来る)
  • 外部サイトへのリンクの本数調査(EWAでも出来る)
  • インデックス数調査
  • 調査KWDを含むインデックス数調査
  • 検索結果のコンテンツ傾向調査
  • タイトルの関連KWD使用状況調査
  • タイトルで使用率の高い関連KWDを分析

このようなことが「1キーワード700円」でできるようです。

私は「タミコ(tami-co)」を勧めてもいませんし、私自身で必要ではないので購入もしません。

SEOに関しては“イージー・ワーズ・アナリティクス”=Easy Words Analytics(“EWA”)があるので問題ないと思っているからです。

何よりも、データ通りにいかないのがアフィリエイトであることを私自身が経験からわかっているため、データに頼り切った感覚ばかりを持っていれば、「逆に機会損失」になることを痛感しています。

検索キーワードとして検索結果に出ないものでも、小さなキーワードは探されているのが現状です。

「Google広告で検索されないのは価値のないキーワード」ではないですので、データありきの作業をしないように私自身は心がけています

竹野
自分自身がwant to(~したい、なぜなら◯◯だから)のモチベーションで作業をしていれば、人間の潜在意識がバックグラウンドで頑張ってくれるため、意図していないようなコンテンツのネタが思い浮かびます。

このあたりは、「おまじない」「引き寄せ」的なスピリチュアルな感覚ではなく、脳の基本的な働きを理解していればわかることです。

確かに2019年8月現在では、サイトの専門性や網羅性が必要になっていますので、「傾向」「使用」などがわかったほうが便利ですが、“イージー・ワーズ・アナリティクス”=Easy Words Analytics(“EWA”)では「共起語」や「キーワード出現率」「キーワード配置」等を調べることができます。

ですので、必然的に「網羅性」「専門性」のあるコンテンツになります。

このあたりは「タミコ(tami-co)」があれば便利かもしれない…とは思いますが、1回700円出して調べる必要があるのか?と言えば、私の経験的にはnoになります。

>>【だから稼げない!】知恵袋使う人、使わない人でココまで変わる!弱者が覚えるべき「知恵袋を使った」お宝キーワードの探し方と考え方

Googleの月間検索数に左右されないキーワード選びをされたい方は、知恵袋などを使いキーワード検索する癖をつけると良いでしょう。

竹野が“イージー・ワーズ・アナリティクス”=Easy Words Analytics(“EWA”)を辛口で採点

“イージー・ワーズ・アナリティクス”=Easy Words Analytics(“EWA”)は、メイン商材などのように、「アフィリエイトをするには必須のもの」ではありません。

しかし、「あったほうが確実に数値的理解が出来るようになる」ので、私はおすすめします。

予算に応じて、無理なようでしたらすぐにでも購入する必要はありません。しかし、既存サイトのテコ入れ、新規サイトの設計には必ずこのような数値的な理論があったほうが「腑に落として作業ができる」様になるのは事実です。

投資として購入することができるのであれば、サイトアフィリエイトをされる方は持っておいた方が良いのは間違いありません。

アダルトや出会い系に関しても、このような方向性から攻めているアフィリエイターが少ないので、非常に効率よく合理的に記事を書けるのは間違いないと思います。

価格は適切?プライスレスな教材の付加価値なども考慮して

(9点/10点)

セールスページを読んでいただけるとわかりますが、この作業を1人でするとなると非常に大変です。また、この作業は、稼いでいるアフィリエイターは当然していることになります。

やり方は、大なり小なり変わりますが、基本的にこのようなことをしなければ稼ぐことは厳しいという部分を知っておきましょう。

そう考えると、この作業を自分ですることを購入すれば、金額代金のコスト分は十分に仕事をしてくれると考えられます。アフィリエイトでは、稼ぐ記事を書くことが重要で、それ以外のリサーチの作業は極力減らしてあげるべきです。

また、ツールのタブですべて管理できるため、「共起語はどれだったか…」「文字数はどのくらいだったか…」「H2、H3 はどこだったか」みたいな細々した作業のショートカットもできるので、実際に考えているよりも作業効率がかなり上がります。

投資(購入)する事で、どういったメリット、効率が産まれるか?また、どういった改善が出来るか?

(8点/10点)

圧倒的に作業効率が上がります。時間がかかっていた部分がなくなりますので、効率よくキーワード、ライバルサイトなどを探すことが出来ます。

“イージー・ワーズ・アナリティクス”=Easy Words Analytics(“EWA”)のデメリットとメリット

“イージー・ワーズ・アナリティクス”=Easy Words Analytics(“EWA”)のデメリットとオススメ出来ない人、買う必要がない人

“イージー・ワーズ・アナリティクス”=Easy Words Analytics(“EWA”)のデメリット
  • 文字数は、ツールの使用上を、その記事だけではなく、カラムの全ての文字数を含んでいるため正確ではない
  • ライバルの評定もしてくれるが、実際に目視する必要があるので、ツールがあるから稼ぐみたいなイメージではない

一言、オススメ出来ない人、買う必要がない人など

“イージー・ワーズ・アナリティクス”=Easy Words Analytics(“EWA”)購入したからといって稼げるわけではなく、このツールがあることで、圧倒的に作業効率が高まる、そんなツールと考えてください。

また、先程も書きましたが、文字数に関して言えば、キーワードスカウターZなども同様で、その目的のページの文字数ではなく、サイト全体の文字数になります。

そのあたりは目視をする必要があります。

ツールが稼がせてくれるわけではありませんが、結果的には時間効率が圧倒的に高まるため、稼げる記事をどんどん書けれるようになります。

つまり、時間短縮ができるわけですから、“イージー・ワーズ・アナリティクス”=Easy Words Analytics(“EWA”)を手にすれば、稼げる可能性が上がるともいえます。

“イージー・ワーズ・アナリティクス”=Easy Words Analytics(“EWA”)のメリットとオススメしたい人

“イージー・ワーズ・アナリティクス”=Easy Words Analytics(“EWA”)のメリット
  • 圧倒的に作業効率が上がる
  • 他のページなどを見る必要が少なくなる為、集中力が途切れることが少なくなる
  • 意識を稼ぐ記事を書くために集中することができる

一言、オススメ出来る人や特徴など

“イージー・ワーズ・アナリティクス”=Easy Words Analytics(“EWA”)を手にすることで、様々なメリットがあるのですが、一番は時間効率が良くなることです。

セールスページに書かれているようなことは、当たり前にしなければいけませんが、副業のアフィリエイターの場合は時間が足りないです。外注を雇うわけにはいきませんので、効率よくこのようなツールを使うと良いでしょう。

私自身も、記事を書くときは“イージー・ワーズ・アナリティクス”=Easy Words Analytics(“EWA”)を最大限に使っています。非常に使いやすいです。

“イージー・ワーズ・アナリティクス”=Easy Words Analytics(“EWA”)の購入前の質問や疑問、Q&A

【質問】ツールの「評定」は信憑性はありますか?
【回答】あくまでも、検索回数と、タイトルにキーワードが含まれているかどうか?等の差のジャッジになる為、100%の精度ではありません。しかし、ライバルが少ないところから記事を書くのは、アフィリエイターとしてはセオリーです。また、私の購入者様には、月間検索数をGoogleで調べたものをお渡ししますので、ツールからの側面、そして、Googleの月間検索数からの側面ですり合わせをしていけば、適当に記事を書いているよりもはるかに精度が高くなるのは間違いありません。
【質問】ツールの使い方は簡単ですか?
【回答】めちゃくちゃ簡単です。ツールが使えないとどうしよう…みたいな心配は無用です。

“イージー・ワーズ・アナリティクス”=Easy Words Analytics(“EWA”)の評価は?? A級評価(7点/10点中)

(7点/10点)

必須のツール…と言うわけではありませんが、このツールを持っている人と持っていない人では、作業時間に圧倒的な差がつくのは間違いないです。

実際、“イージー・ワーズ・アナリティクス”=Easy Words Analytics(“EWA”)で調べられることは、手作業でもできます。しかし、この部分を手作業にすると、間違いなく記事を書く時間がなくなります。

稼げるアフィリエイターがやっている手法を、このセールスページでは見ることが出来ます。

しかし、稼げるアフィリエイターは、このページでやっていることを1人でしているわけではありません。外注や組織ぐるみでやっていることを忘れてはいけません。

そのような意味では、このようなツールに自己投資をするのは考え方としてアリだと思います。実際に私も購入して本当によかったと思っています。

今では、“イージー・ワーズ・アナリティクス”=Easy Words Analytics(“EWA”)がないリサーチは時間がかかって無理だ…みたいな感覚になっています。

当サイトの限定特典の紹介

当サイトから購入していただいた方は、下記の特典をつけさせていただきます。
>>【個別販売】特典の個別販売も行っております→こちらをクリック

サポート

当サイトから商材を購入していただいた方は、3ヶ月間のサポートを付けております。

販売者側のサポートも当然ありますが、アフィリエイターじゃなければ分からない様な悩み、細かな質問、また、掲示板には書き込みたくない…みたいな質問についても、現役の副業アフィリエイター竹野がお答えします。

竹野
購入前の質問、アフィリの質問は遠慮なくどうぞ!!
→コチラのフォームより
副業でアフィリエイトをしております。基本的に48時間以内の返答を心がけています。

「常識の範疇内」であれば、3ヶ月間無制限で質問をしてきていただいて構いません。

ツールの使い方を限定動画で紹介

“イージー・ワーズ・アナリティクス”=Easy Words Analytics(“EWA”)の使い方を、購入者様限定で動画として配信します。

どのようにして使っていけばよいのか?キーワードはどのようにして探せば良いのか?どの部分を意識すればよいのか?等、実際にアフィリエイト作業をする際に困りそうなことを先回りして私が回答しています。

また、Googleの月間検索回数は、今ではザックリとした回数しか見ることが出来ませんが、私の購入者様限定で、月間検索数を調べてお渡しいたします。Googleスプレッドシートなどに展開し、効率よく記事を書いていけると思います

私が使っている検索キーワード調査ツールと、Google広告のデータと“イージー・ワーズ・アナリティクス”=Easy Words Analytics(“EWA”)を使った、キーワードデータの作り方を資料にしました。

  • 好きなもの、興味のあるものを選ぶ
  • その商品を欲しそうな人が検索するキーワードを考える
  • 検索キーワードツールを使ってキーワードを探す
  • “イージー・ワーズ・アナリティクス”=Easy Words Analytics(“EWA”)を使ってライバルの情報を知る

基本的に流れで言えばこんな感じでシンプルです。しかしシンプルなことをできる方が少ないです。“イージー・ワーズ・アナリティクス”=Easy Words Analytics(“EWA”)を購入するのであれば、出来るだけシンプルに物事を考えなければいけません。

キーワード選びなどで、私が使っているツール、注意しているところなどもまとめています。「want to(~したい、なぜなら◯◯だから)のモチベーションで柔軟にキーワードを選ぶ、キーワードをずらす」必要があります。

このような部分も分からない方は多いと思いますので、特典で説明させていただいています。

キーワード選びなどで悩んでいる方、ガチガチの誰でも思いつくようなレッドゾーンでしか戦えない方は参考になると思います

また、サーチコンソールの見方などについても書いています。記事は書きっ放しにしている…基本的にアフィリエイトで稼げていない方はほとんどがこの状態です。

サーチコンソールを使って「稼げる記事」にかわれるような作業をすることが、効率よく稼ぐためには必要です。

【だから稼げない!】知恵袋使う人、使わない人でココまで変わる!弱者が覚えるべき「知恵袋を使った」お宝キーワードの探し方と考え方

どのような内容なのか?については、下記のリンクをご覧になってください。

“イージー・ワーズ・アナリティクス”=Easy Words Analytics(“EWA”)を使ってキーワードを探す際にも、この考え方は非常に重要であり、お宝キーワードがゴロゴロと見つかる可能性もあります。

>>詳細はコチラ

2020年版!アフィリエイトで稼ぐ為のライティング|覚えておくべきワザ

MSR(メイン・サイト・リライター)では、リライトをしながら「稼げる記事」の書き方を理解できるようになります。

しかしながら、アフィリエイターとして稼いでいくためには、ライティングスキルも同時進行で覚えていかなければいけません。アフィリエイトで稼ぐためのライティングスキルについて説明をしています。

>>詳しい内容はコチラを御覧ください

特典を受け取る方法

特典を受け取る方法
  1. クッキーの確認→このサイトで有効かを確認します。「有効」でなければ特典を受け取れません
  2. 通常モードでページを閲覧(プライベートモード、SecretウィンドウはNG)→購入ボタンをクリック
  3. 「竹野の特典」と表示されているかを確認してください(クッキーが有効であれば表示されています。)
  4. 決済完了まで他のページを閲覧しないこと(クッキーの上書きがされます)そのまま購入手続きを終えてください。
  5. 決済完了後「マイページ」からログインして特典をダウンロードしてください

おすすめの記事